FC2ブログ

"QUO VADIS"

クリエの他に数年前から愛用している紙の手帳がある。

学生時代はもっぱらサザビーの手帳を愛用していた。
ある日アフタヌーンティで"QUO VADIS"の手帳を見つけて
(当初はアフタヌーンティの手帳だと思ってた笑)
伊東屋へ行った。

そしたらあるわあるわ、色々な種類の
フランスのメーカー"QUO VADIS" (笑)

欲しい種類が定まらず2冊買った年もある(笑)

かれこれ使い続けて10年以上になる。
そして現在色々な種類を使ってみて一番使いやすく気にっているのが
これ↓ イタルノート
QUO VADIS

因みに今年もこのイタルノート買いました。
今年はFrance Japan Edition 英語版
曜日や月は英語で表記されており
UKやCAN、USAおまけにNZの祝日も明記されている!!
でも日本の祝日は日本語で明記されている(笑)

後ろに地図が乗っているが、トップがフランスの地図。
(この辺がFrance Edition?)
ヨーロッパが5ページに渡り印刷してあり
続いてアメリカ、アジア、オセアニアは1ページにかなり縮小して
印刷されてあり、かなり見るのが困難(笑)
最後にアフリカ。

紙の色も白ではなく、品のあるベージュ。(コレが好き)

今回は日本で購入したが、イギリスにいた時にイタルノートを購入した時は、やはり UK Edition だったので地図のトップページには
もちろん英国のみの地図に、ロンドンの地下鉄&列車の路線図があった。

そしてイタリアで購入した時には、やはり Italia Edition だったので
地図のトップはイタリア。
もちろん、月に曜日は、イタリア語表記、イタリアの祝日しか表記されていなかった。

不思議とイタリア語の手帳だと記入する言葉もついイタリア語で
書いてしまうというものだ。
なので当時の手帳はイタリア語と英語がメインで書かれていた。


二番目に気に入っているのがタイマー(オーガナイザータイプ)↓
s2-timer17.jpeg


やはり紙の色がベージュ。

コレを買ったのはやはりイタリアにいた時に偶然見つけた
小さな文房具やで、9月始まりのものだった。
そのときは30ユーロ(約4200円位)で購入したが、日本の"QUO VADIS" のHPで見たら金額が¥7350だった。
やはり輸入物、現地で買うほうが安いのねと実感。


クリエが2つにほぼ日手帳に"QUO VADIS" と4つもあって
"QUO VADIS" には何を書いているかというと・・・

手帳を開くと1枚目のページは空白なのでそこには長男が1歳以下だった時に作ったプリクラを貼り詰めている。

細かい事はクリエTH55をメインに使用しているので
ここでは、大まかな用事や行事、出来事、買い物に行く、行った場所
カードの支払い明細、クリエを立ち上げるが面倒な時のメモなどを
イタリアで買ったウォーターマンの万年筆(シャドーグリーン)の
極細ペン先を使用して記入している。 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォーターマン コンバーター(吸入器)

ウォーターマン万年筆にお使いいただけます。・・ウォーターマン フィリアス 万年筆F(細字)S2258132・オマケは万年筆画像。・わが書斎・[万年筆、筆記具]黒い森は黒くなかった・[レザークラフト]万年筆のインクで革を染めることは出来るか・[雑記]銀座・伊東屋で万年筆を
プロフィール

CheekyMonkey

  • Author:CheekyMonkey
  • 独身時代はザウルスを使用。 現在はクリエとTreo680とiPodとDELLを愛用する主婦。
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索